イモリ

アカハライモリ
紙本彩色 F8 2019


家にはイモリが2匹います。アカハライモリのアカとシリケンイモリのロクです。赤いお腹のアカと薄っすら緑青がかった背中のロク。安易な名前です。しかもロクもお腹は赤い。

大学在学中からほぼ魚しか描いてきませんでしたが、両生類や爬虫類も段々と描くようになり、このイモリは結構定番の画題になりつつあります。イモリは漢字で「井守」と書き、井戸を守る、転じて川や池、つまり水を守るということで縁起もよいのです。

自分の好きな生物が、後々調べたら縁起がいいっていうのは嬉しいですね。ナマズとかフグとか海老とか鯉とか。ん?縁起の良くない生き物いない説?

  

イモリは飼育しているとやはりその動きが面白いですね。上の絵も、よくこんなポーズを取るので描きましたが、一度脱走もしてますし、一般的にも「イモリは脱走の名人」なんて言われます。

ただ感覚として、その環境に満足していると逃げませんね。脱走したときも、ちょっとレイアウト変更してなんとなく居心地が悪くなった時にやられました。家の居心地がよければかなりリラックスして過ごしてます。そんな絵も、新作で描きました。

  

2匹のためにゆったりしたアクアテラリウムを作ってあげたいですね。でもイモリってほんとよく餌を食べるので水を汚して苔が・・・すごいんですよね。

  

ちなみに、両生類や爬虫類を描くときは必ず魚入りの水槽落款を押しています。いや、正しくは「画面に魚がいない時」ですね。これはかなり最初の頃、それこそ落款を作り始めた頃に定めたルールで、今も守っていますが、一度だけ魚がいる画面で押したこともあります。それはまぁ100年後に阿部観水研究の第一人者の方に仮説を立ててもらえればと思います。

最初に作ったのは朱地に白字の白文印でしたが、比較的最近になって白地に朱字の朱文印を作りました。朱文印の方が彫るとこ多くて大変なんですよね。そしてやっぱり、新しくできたやつの方をついつい多用してしまうんですよね。

それに、画面における朱の面積のバランスも重要ですからね。


阿部観水 website